トップへ

消費者金融ランキング

口コミ情報や掲示板を利用してキャッシング関連の情報を集める

webサイトには金融関連の口コミ掲示板が数多く存在しますが、中でも2ちゃんねるの消費者金融掲示板は今が旬の口コミ情報が満載です。中には営業紛いの偽情報もありますが、大半は実経験を基にした口コミ情報です。

今現在どの金融業者が審査が甘いのかといった情報が、それこそリアルタイムで書かれていますので、借入先を探しているような方は、是非目を通すべきだと考えます。真の口コミ情報を吟味して目を通せば、これほど有効な情報は他にないはずです。また、ランキングサイトなども重要な情報源で、上位にランクされる中堅中小消費者金融は絶対間違いないはずです。

以下は大まかな新規申し込み画面です。以下の項目に従って融資の申し込みを進めていくことになります。

申し込み登録振込先支払い方法確認画面

審査に通らない理由ランキング

基本的に消費者金融などの金融業者は、融資する相手が他社からの借り入れ件数が多いと、審査を厳しくしてきます。多重債務者への融資は、自己破産をされてしまって融資金が焦げ付いてしまう危険が大きいからです。

特に大手メガバンク系列のカードローン会社や、審査を厳しくしている中堅中小の消費者金融などは、こういった傾向にあり、多重債務者への融資は控えているのが現実です。したがって、借入件数が多い多重債務者が融資を受けられる業者は、限られてくるということです。

実際に現在の借入が年収の三分の一以上であったり、借入件数が5件以上もあるような人が、審査に通るような金融会社は全国広しといえども、数えるほどしか存在しません。そのような多重債務者への融資は融資をする側にとってもハイリスクとなりますので、いくら審査が甘い金融会社といえども易々とは借りれません。

  1. 借入状況・・・・借入件数が多かったり、借入総額が年間所得の三分の一を超えている。
  2. ブラック登録・・日本信用情報機構のブラック情報に登録されている
  3. 収入に問題・・・無職であったり、不定期職
  4. 居住先・・・・・連絡のつかない居住先
  5. 身分証明・・・・身分証明が国民健康保険のみの場合

人間、苦しくなったらまわりが見えなくなってしまいます。川に溺れれば藁をも掴むことになるのと同様、お金に困っている現状でどこからも借りれない状況に陥れば、どんな条件でも貸してくれるところがあれば飛びついてしまうでしょう。

しかし、そういった業者は多重債務者を食いものにしている違法業者(ヤミ金融)である可能性が高いので、よくよく考えて行動するようにしましょう。

借り入れ状況

誇大広告に注意

ネット上には無数の誇大広告が乱立しています。その中でも特に多いのが審査が甘くて容易に借りれるといった表現の広告文です。借入先に窮している多重債務者をターゲットにしたものですが、実際に容易に借りれる業者を紹介しているのならまだしも、実際はクレジットカードの現金化であったり、大手カードローンの紹介であったりすることが大半です。

借入先に困って藁をもつかむ思いでいる人を騙すことに、何の躊躇いもないのか知りたいものですが、こういったタイトル騙しのような誇大広告には安易に乗らないことが重要です。以下は誇大広告とその実態です

  1. 無審査で融資可能・・・・クレジットカード現金化、デビッドカードのアフィリ
  2. ブラックでも可能・・・・クレジットカード現金化、デビッドカードのアフェリ
  3. 審査が甘い・・・・・・・実際は全然甘くない、普通のカードローンのアフィリ
  4. 消費者金融ランキング・・自分に都合の良い順位をつけているだけのアフィリ
  5. クレカ現金化・・・・・・買取屋を紹介して仲介料を貰うだけの仲介屋

90年代の金利ランキング

90年代の上限金利ランキング

口コミランキング

借りれ先を選ぶにあたって、金融サイトなどで紹介している口コミランキングを参考にするのも、大きな失敗をしない方法です。中には信憑性の低いランキング順位を公開しているサイトもありますが、信用の高い金融サイトで公開しているランキング順位なら間違いないと思います。

借入件数が4件以上の多重債務者は、審査が甘い系のランキングを参考にすべきでしょう。低金利で借りるのは100%不可能なので、まず審査に通りやすい金融業者を選ぶべきです。おまとめローンを取り扱っているような業者は特に重要で、おまとめローンを使って債務を一本化すれば、支払いがずいぶんと楽になります。

銀行系カードローンのおまとめローンは多重債務者が借りれるほど審査が甘くないので、審査を受けるだけ時間の無駄です。ランクを落として中小中堅規模の消費者金融が取り扱っているおまとめローンなら、それほど審査も厳しくないので、活用すべきかと思います。

消費者金融一覧 0

借りやすいという表現について

借りやすいという金融用語は直接的には存在しませんが、実質的には「審査基準が甘い」という意味合いを含んでいます。消費者金融の中で審査基準が甘いという業者は、主に中堅以下の金融業者を指しており、大手銀行カードローンなどは含まれておりません。なぜならば、大手の審査基準は決して甘くないですし、多重債務者の方はまず審査に通らないことが多いからです。

したがって「借りれやすい消費者金融」とは、「審査が甘い消費者金融」と訳すのが一般的な解釈です。もっとも、かつては極甘審査で融資を行っていた零細業者が星の数ほど点在していましたが、法律改正による規制強化と罰則強化によってめっきり少なくなってしまいました。少ないというより、ほぼ絶滅したといってもいいでしょう。したがって、現時点で最も審査基準が甘い業者というのは、中堅消費者金融で間違いないでしょう。

即日融資とは

即日融資の定義は、当日に融資の申し込みをしてその日のうちに審査が完了し、お金が借りれることをいいます。今では大手や中小など、多くのローン会社で取り扱われています。以前でも窓口審査では即日融資がされていましたが、web申し込みについては、郵送での本人確認などがあったことから、なかなか実現しませんでした。

しかし近年の金融業者同士の顧客獲得競争の激化で、そんな悠長なことをしていたら折角の顧客を他社に取られてしまうことから、即日融資は当たり前になっています。

顧客は今すぐお金が必要で申し込んでいるのであって、審査に二日も要していれば、その顧客は他社へ走ってしまうことは明白です。早いところでは30程度で審査を完了して融資をするローン会社も存在しています。

ただ、一部大手の消費者金融では所在確認や勤務先への在籍確認をカットした「web完結申込」を取り扱っていますが、大部分の金融業者は往来通り自宅への在宅確認と勤務先への在籍確認は実行されます。

もしもその際、虚偽の住所や勤務先を記載していれば、即刻審査で落とされてしまうばかりか、虚偽を記載したことが信用情報機関のデータに登録されてしまいますので、後々の審査に影響が及んでしまいますので注意してください。

Valid HTML 4.01 Transitional