消費者金融一覧

現在の借入状況から借りれる融資先を判断するのが一番

まず、確実に審査に通るためには「今現在自分の状況で借りれる消費者金融」を選択する必要があります。それには、現在の借入件数から判断することが一番分かりやすいかと思います。トップページには提示していますが、以下の借入件数と融資先の目安表を参考にされるといいでしょう。

借入件数から判断する融資先

中堅消費者金融ランキング

2019年現在、国内で約1700社の貸金業者が点在していますが、その中で最も多いのがこの中堅消費者金融です。基本的に大手で借りれない人が融資の対象となっていることから、当然大手より審査基準は甘く設定されています。大手が借入件数3件以上では審査は不可としているのに対し、中堅は5件程度までは余裕で貸してくれます。

もっとも、中堅業者の数は膨大ですので審査基準のピンからキリまであり、すべての業者の詳細を調べることは不可能なので、比較的審査基準の緩く人気の高い業者をピックアップしております。

柔軟審査が魅力の中堅消費者金融

 金利水準  15.0%〜18.0%
 融資の対象  大手業者の審査に通らない人
 審査基準  柔軟、甘い
 申し込み  web申込み、窓口申込
境界線

零細消費者金融ランキング

中堅消費者金融でも審査に通らない人を対象にするのが、零細消費者金融(マチキン)なのですが、以前は国内に星の数ほどいましたが、現在では数々の規制によってその数は減少の一途を辿っています。

では、そういった借りれなくなった人はどこへ走っているのかといえば、クレジットカード現金化などの非合法な業者を利用しているのが現実で、この種の問題が何も改善されていないのは明白です。現在残っている零細業者は極わずかですが、この先どうなっていくかは誰もわかりません。

極甘審査が魅力の零細ファイナンス

 金利水準  18.0%〜
 融資の対象  中堅業者の審査に通らない人
 審査基準  極甘、甘い
 申し込み  Web申し込み、窓口申込
境界線

大手消費者金融ランキング

大手消費者金融という名称はもはや時代遅れで、現在ではカードローンという呼称こそが一般的でしょう。もっとも、名称こそ違えど中身は今も昔も同じです。ただ、現在では殆どの大手業者は銀行系列となったことで、知名度や信頼性、低金利での融資といったメリットは中堅業者の追随を許さないほどの差がついてしまいました。

審査は決して甘くないですが、比較的借金の少ない方なら問題なく借りれます。

低金利が魅力の大手銀行系カードローン

 金利水準  3.0%〜15.0%
 融資の対象  借入件数3件以内
 審査基準  普通、健全者なら甘い
 申し込み  Web申込