借りやすい消費者金融

消費者金融とは

消費者金融は、個人向けの小口融資を専門に行っている貸金業者のことです。サービス名としてはキャッシング、キャッシングローン、カードローンなどが使われています。大手消費者金融の場合には融資枠を設定してその融資限度額を上限にお金を自由に借りられるものであり、銀行のカードローンなどと同様のサービスになります。

消費者金融は貸金業であるため銀行に比べると登録制であり参入がしやすく中小から大手までさまざまに存在していましたが、過剰な貸付や高金利が問題となり、2006年には貸金業法の大規模な改正によって大幅に規制が強化されています。

特に2006年改正以前にグレーゾーン金利が裁判によって充分な説明がない場合には違法とされ過払い金として返還請求できることになり、その結果、過払い金返還請求が相次ぎ、その結果、消費者金融を含む貸金業者の多くが資金の流出が進み廃業が相次ぐことになります。大手消費者金融に限ってみればアイフルを除けばすべて銀行の子会社となっています。

規制強化

規制強化によって原則年収の3分の1までの借り入れしかできない総量規制や50万円以上の借り入れまたは他社合わせて100万円以上の借り入れでは所得証明書の提出が義務付けられるなど、以前のキャッシングに比べて審査が厳密になっています。

その一方で銀行のカードローンなどでは保証人に消費者金融を設定することで、審査基準を従来のものより緩やかにしたものが登場しており、消費者金融そのものの競合相手となっています。