借りやすい消費者金融

借りやすい金融業者の条件

 

  • 審査基準が甘いこと・・・(借り入れ件数4件以上でも審査に通る)
  • 返済がしやすい・・・・・(webやatmなどで返済が可能である)
  • 低金利である・・・・・・(年利15%前後で借りたいものです)
  • 専業主婦でも借りれる・・(専業主婦でも融資可能)

 

円相場が安くなり国内の輸出産業も息を吹き返してきましたが、借入件数4件以上の多重債務者たちの息は一向に吹き返せないのが実情です。

 

総量規制の影響で借入審査が厳格になったことで、大手や中小消費者金融の審査に通るのが困難になったのです。

即日融資

結局、行き着く先は審査の甘いキャッシングローンしかないわけですが、そういった借りやすい消費者金融も地下深く潜航してしまって見つけるのが困難になっています。

人気ランキング

そういった金融業者を紹介しているサイトもありますが、いくら審査が甘いといっても収入の無い無職や専業主婦は審査に通りません。

 

但し、専業主婦の方は夫の承諾があれば審査に通ります。

闇雲にサラ金業者をあたって借入審査を受けるのは得策ではありません。

 

自分の借入件数や借入総額でも借りれそうな金融会社を選びましょう。

 

そうすれば、審査に通る確率が高くなりますし、審査で落とされて泣きをみないで済むでしょう。

 

今ではどんな小さなサラリーマン金融でも、自宅に居ながらネットで融資の申し込みが出来ますので便利です。

 

0確実に借りるためにはコチラ
金融会社一覧

 

借入審査の前に準備すること

 

消費者金融の審査を受ける前に事前準備をしておくことが重要です。

 

一度審査で落とされてしまえば、その場で終了なので、絶対審査に落ちないような対策が必要です。一番重要なポイントは、審査に通らないような金融業者は回避することです。

 

例えば、現在の借り入れ件数が4件以上もあるにもかかわらず、大手銀行系のキャッシングローン会社の審査を受けることは、無謀この上ない行為です。

 

100%無理な審査は受けるだけ無駄ですし、審査を受けたことが信用情報機関のデータベースに登録されますので、今後の審査にも影響が出てきます。

 

借入件数が3件以上ある方は、大手を回避して中小中堅のサラ金業者をあたったほうが無難です。

 

審査に通る確率が各段に上がるはずです。特に最近は顧客獲得競争が激化した影響で、大手並みに低金利で貸し出している中小中堅の消費者金融も少なくありません。

 

消費者にとってはこういった低金利路線は歓迎すべき現象ですが、低金利といえども利息はつきますので、無駄なお金は借りないほうが得策でしょう。

 

審査が厳しくなった理由

金融会社の審査が厳しくなった理由として、今までは少々の貸付金の焦げ付きが出たとしても、有り余る営業利益でそれを相殺できていたものが、上限金利の引き下げによって、そういった余裕ができなくなったことにあります。

 

したがって、毎月の返済ができなくなる危険性の高い多重債務者への融資が厳しくなっていったのも当然の成り行きです。

 

そうった多重債務者の多くは、借入先を求めて闇金融などへ流れました。また、たとえ借りれたとしても、限度額が抑えられ、必要な額を借りれない人も多くいたようです。

消費者金融

必要なお金が世の中に流れなくなると、経済が冷え込んでいきます。長期のデフレ現象はこういった些細なことから生まれていきます。

 

出資法改正による上限金利の引き下げで一番影響を受けたのが、中小の消費者金融会社です。営業利益が抑制され、過払い金請求などで経営破綻するサラ金業者が多発しました。

 

貸し手業者の破綻は闇金融業者を跳梁跋扈させることにつながり、借りれなくなった消費者の生活を脅かす副作用を発生させる懸念があります。

返済方法は元利均等払いやリボルビング払いが代表的なものです。ボーナスのようなまとまったお金が入れば、一括払いなどで返済する方法もあります。

申し込み方法

融資の申し込みをする方法は、直接店舗窓口に出向いて金銭賃借契約を交わすのが一般的ですが、いまやそういった直接審査は時代錯誤といっても過言ではありません。

 

直接対面審査は、本人の性格や容姿なども審査に加味されることから有利に働く場合もありますが、審査で落とされた場合のダメージは尋常ではありませんので、回避されたほうが得策でしょう。

 

ただ、審査が甘い小規模の街金などは、こういった店舗審査になりますので、他に借入するあてがない方は、直接審査を受けなければなりません。

 

現在一番多いのは、やはりweb審査です。自宅のPCやスマホから簡単に申し込みが出来る上に、現在では「web完結審査」といって、本人確認や勤務先への所在確認を省略している大手消費者金融もあります。

 

勿論、信用情報機関への照会はしますので、現在の借金総額や過去の履歴は調査されます。そういったデータに問題がなければ、簡単に審査に通ります。

 

中小消費者金融の場合は、web審査もありますが基本的には窓口審査と同様、本人の所在確認と勤務先への在籍確認があります。

 

また、電話で簡単な質疑応答もある場合があります。

 

もしも虚偽の勤務先を記載していた場合などは、在籍確認をされて直ぐにバレてしまいますので、注意して下さい。

オピニオンリーダー

オピニオンリーダーとは、口コミや評価によって消費者の行動に影響を及ぼす役割を担っています。SNSの発達により口コミ情報は、広告やWEBサイト等の情報よりも信頼性が高いと思われていますので、その影響力は極めて高いと言わざるを得ません。

 

オピニオンリーダーになるのは、ある特定分野のエキスパートであり、豊富な知識を有しているのが一般です。その知識力によって他の消費者に影響を与えているのです。

 

あくまでも中立の立ち位置にあるので、情報の信憑性は高いが、その情報の制度が高いか否かは別問題と言えるでしょう。ただ、消費者は自分の意見よりもオピニオンリーダーの意見を尊重する傾向にあります。消費者金融を選ぶ際などはそういった影響が強いかもしれません。

審査の甘さと金利の関係

消費者金融やキャッシング会社などの金融業者では、審査の甘さと金利は反比例します。審査が甘い金融会社は貸付金利が高くなりますし、逆に審査が厳しい大手消費者金融などは金利が低くなります。どちらをとるかは本人の自由ですが、同じお金を借りるなら金利が低いほうが何かとお得です。絶対審査に通る自信がある方は迷わず大手信販会社を利用するとよいでしょう。審査に通る自信の無い方は、ランクを落として中小中堅のキャッシングローンを選ぶことをお薦めします。ランクを落とすことで審査に通る確率が高くなりますし、もしも審査に通らなかったとしてもあきらめがつくでしょう。

0最終更新日 2017.8/1